KNB WEB

ホームテレビラジオニュースウェブキャストアナウンスルームイベントショッピングデジタル情報ご意見・お問合せ

  

アナウンルーム

岡本 恭(おかもと きょう)
2009/04/07 おかきょうファイル No.98
三つ巴とカエルの飾り巻き寿司です。カエルのご飯には、青海苔とちょっとだけマヨネーズが入っていて、とっても美味しかったです♪
どこを切っても三つ巴♪
今回は、スタジオに「特設巻き巻きスタジアム」を設置!
私が気になっていることやおすすめのもの、旬のネタなどを紹介する、おかきょうファイル(とれたてワイド朝生!第1、3、5週火曜日10時30分ごろ〜)。

ファイルNo.98は、
寿司を巻き巻き巻き巻き…
飾り巻き寿司は、普通の太巻きや細巻きとは違い、美味しいのはもちろん、見た目も美しい!かわいい!巻き寿司です。

お話を伺ったのは、飾り巻き寿司インストラクターの佐々木真智子さん。テレビで見た飾り巻き寿司に興味を持ち、東京の学校に行き資格を取られたそうです。

千葉県房総半島の郷土料理である太巻き寿司や昔からある細工寿司を、動物や花、ハート型など、よりかわいらしくアレンジしてできた飾り巻き寿司。どこを切っても模様が出てくる!金太郎飴みたいです。

今回は、「三つ巴」と「カエル」に挑戦。

三つ巴は、勾玉の形にした細巻きを3本(たまご、マグロ、きゅうり)つくり、それを綺麗に組み合わせて太い1本にしました。

カエルは、チーズかまぼこを目に、ソーセージを半月形に切ったものを口にして作りました。

飾り巻き寿司のポイントは、海苔にご飯をのせるときに、ムラがないように、平らにご飯をのせること。偏っていると、例えばカエルの顔が歪んでしまったりするんです…。まぁ、それも愛嬌があってかわいいですけどね。

やってみた感想は、工作みたい!
例えば、海苔と海苔をつなげるときは、あまったご飯粒を糊の代わりに使います。そして、ご飯の量はしっかりとグラムを測らなければちゃんとした形になりません。でも、うまくできたときは感激です!!

食育コミュニケーター 牧野弘美さんが開催していらっしゃる「マキちゃんの食育クッキング*サロン」でも、佐々木さんを講師にむかえて、飾り巻き寿司の教室が開かれます。5月にもあるそうです。

このサロンでは、ただのお料理教室ではなく、”生産現場から食卓まで”を一緒に話をしながら考え、そして料理を作る教室になっているそうです。

お花見に、これからの行楽シーズンに、運動会に…、お弁当に飾り巻き寿司が入っていたら、人気者になれそうです♪


また次回もたのしい話題をおおくりする予定ですので、おかきょうファイル、お楽しみに〜!!
こんなことをやってほしいなど、みなさんからのメッセージもお待ちしています。
とれたてワイド朝生までお寄せください。

  
会社案内 採用情報 番組審議会 著作権とリンク 個人情報の取扱いについて 広告掲載について リンク集 ページ最上部へ